むちうち治療の治療費は保険が効くのでしょうか?相手(加害者)の自賠責保険で全てまかなうのでしょうか?

【保険】 【後遺症】

むちうち治療の治療費は保険が効くのでしょうか?
相手(加害者)の自賠責保険で全てまかなうのでしょうか?

2日前、バイクで車と軽い接触事故(交通事故)にあいました。
その時は怪我もなく少しバイクが少し壊れましたが動いたので、急いでいたこともあり、相手の連絡先など何も聞かずに立ち去りました。
しかし、今になって首が痛くなり、むちうちではないかと思います。
こういう場合、相手が分からないので慰謝料がもらえないと思いますが、保険で治療できるのでしょうか?
また、加害者が見つかれば加害者の自賠責保険で治療費を全てまかなえますか?

ご回答いたします。やはり後になって筋肉の緊張がでてしまったのですね。
加害者が見つかれば諸手続きが必要ですが、自賠責保険を適用することができます(無保険者でない限り)。自賠責保険で治療できれば慰謝料も当然支払っていただけます。ただ、残念ながらこのようなケースではなかなか加害者が見つからない事がおおいです。
この場合ひき逃げと同様、政府保証事業を使われるのが良いです。各損保会社に窓口がありますので相談することが出来ます。
政府保証事業は、健康保険を使い交通事故の治療を受ける事ができ、慰謝料等も自賠責基準で国が補償してくれる制度です。(厳密には仮に国が補償して加害者に請求する制度です)いったん窓口負担はありますが、治療は受けられたほうが良いと思います。

ポイント:事故にあわれた際、どんな方でも動揺はあります。興奮気味にあればあるほど痛みを感じないケースもあります。鞭打ちでは筋肉の過緊張で2・3日後に症状が出るケースもあります。
急いでいる時や、お互いの思いやる気持ちもあり今回のようになってしまわれたのかもしれませんが、加害者側も被害者側も双方から連絡先を聞いておくのが賢明です。

お問い合わせ
ページTOPへ