自賠責保険について

交通事故被害者救済のために、すべてのクルマやバイクに加入が義務づけられている保険です。
正式には自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と言います。
本来この保険は「交通事故の被害者が、最低限の補償を受けられるように」と国が始めた保険制度です。
基本的に人身事故のみに適用され、治療費・慰謝料・治療院に通うための交通費・ケガのために仕事を休んだ場合などの休業補償・後遺症障害の慰謝料が支払われます。ただし物損事故については支払ってくれません。通常慰謝料は通院日数に単価を乗じて算定されます。
なお、限度額は120万円で、この限度内は自賠責保険から支払われますが、万一限度額を超えた分は、加害者の任意保険より支払われることになります。

Q1:治療費はどれくらいかかりますか?

交通事故の場合は、自賠責保険適用となりますので、患者様の負担はございません。

Q2:自賠責保険を使う場合の手続きは難しいですか?

相手(加害者)が任意自動車保険などをかけておられる場合は、通常相手の保険会社が自賠責保険の手続きを行います。
しかし、加害者が保険に入っていなかったり、ご自身で自賠責保険を使われる場合(被害者請求)は、当方が代行もしくは適切なアドバイスをさせていただきますのでご安心ください。

Q3:どれくらいの期間治療できるの?

カラダの状態によっても異なりますが3~4ヶ月が目安です。早い方では1ヶ月もしない間に軽快されております。ですが、軽快したからといって早期に治療をやめてしまうと体が安定しきっていないので、後々痛みが残る方が大変多いです。症状にあわせてしっかり治療期間を守り大切なのは、少しでも早く治療を開始する事です。

Q4:自賠責にはどんな保障があるの?

治療費・交通費・休業補償(5700~19000円/一日)・慰謝料(4200円/一日)等

Q5:病院と同時期に通えますか?

もちろん可能です。

Q6:相手が自賠責保険に未加入で悩んでいます。どうすれば?

政府の保障事業というのがあります。方法はまず警察で事故証明をとり保険会社に連絡(被害者を救済するもので自賠責保険を取り扱う各損害保険会社ならどこでも受付してくれます)そして整骨院へ経通う旨をつたえ治療開始です。最低限の補償ですので健康保険と併用して使われる事が多いです。
また自賠責と違い仮渡金や内払い金はありません。少し手続きが多く処理に時間がかかります。3~7ヶ月。人身障害補償保険との併用はできません。

お問い合わせ
ページTOPへ