むち打ち(むちうち)とは?

むち打ち(むちうち)とは?

交通事故のなかで最も多いけがは、むちうち症(頸椎捻挫)です。受傷直後はあまり症状がでないことが多く、病院でのレントゲン検査で異常がないと診断されるものがほとんどです。しかし筋肉の過緊張により、時間の経過と共に頸椎のズレが起こりやすく、首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みやしびれが放散するケースが多いのです。

<注1>
  • 【頚椎捻挫型】
    筋肉や靭帯が急激な外力によって引き伸ばされその反射によって筋の緊張が起こり損傷部位に痛み・突っ張り・だるさ等の症状がでます。
  • 【神経根症状】
    事故による外力や筋肉の緊張により神経が圧迫され頭痛・痺れ・筋力低下など諸症状を起こすもの。
  • 【バレ・リュウ症候群】
    後部交感神経の圧迫損傷により頭痛・耳鳴り・吐き気・眼精疲労など多様な症状をきたします。
  • 【低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)】
    最近提唱され始めた見解で病態はまだよく解明されていません。
    脳脊髄液 が減少することで頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠、視力障害、思考力や記憶力低下など様々な症状が出現するというもので、軽微な事故の原因不明なものにはこの症例が含まれているのではないかと言われています。

基本的な事故のむち打ち症状です。他には骨折・脱臼・挫創・創傷など事故には沢山の種類があり外力も違います。患者さんの容態もさまざまです。

レントゲンやMRI検査の結果異常がない場合が多いのですが、むちうちの症状は本人にしかわからない痛みで、とてもつらいものです。

多くの場合、事故後数日してから症状がでる場合があるので、当日大丈夫だからと通院しないのは要注意です。後遺症となって長く症状に悩まされるようなことにならないよう、しっかり治されることをおすすめします。

むち打ち(むちうち)の症状

むちうち症はレントゲン検査で異常がないのになぜ痛みがあるのでしょうか?
また、事故当日はなんともなかったのに、どうして時間がたってからむちうちの症状がでてくるのでしょうか?

それは、事故の衝撃によって頭部が急に振られるときに、周辺の筋肉や関節を構成する膜や靭帯などが損傷しているのです。また、レントゲンでは現れにくい軽微なズレが生じているからなのです。そのような場合、一般的に電気治療やシップ薬だけの治療が多いのですが、それではなかなか治らないばかりか、後遺症となって悩まされるようなことにもなりかねません。

次のような症状がありましたらしっかりと治療を受けてください。
  • レントゲン検査で骨には異常がないと言われているのに体がだるい・重い
  • 湿度や天候の変化で体が辛くなる
  • 睡眠をとっても体が重い
  • 集中力がなくなり、長時間の仕事や車の運転が辛い
  • 全身倦怠感・だるさ・からだのこわばり・無気力感・不眠など
お問い合わせ
ページTOPへ