なぜ動作テストを行うのか??2014年8月20日

なぜ動作テストを行うのか??

西ノ京院の浴田です。
当院の治療法では一人一人に合わせた治療ポイントを探るため独特な動作テストを行っています。
そこでバランスが大切です!!とよく耳にされると思いますが、それは骨格が左右で同じ形をしていたり、足の長さが左右で同じであることが大切だということではないのです。一般に体を痛めて病院や治療院に行くと骨格の歪みや関節の変形具合、また足の長さの左右差のみを分析することが多いですがそれだけでは、根本的な原因とは言えません。

たとえば田舎に行くとずいぶん腰の曲がった方がいらっしゃいますが、曲がっているすべての方が痛みを訴えておられるかというと、そうでもありません。
痛みなく健康的に過ごされている方でも手足の長さには違いがあります。

ということは、必ずしも歪みや変形があるからといってバランスが悪いとは言い切れないということなのです。
バランスの良い状態とは、姿勢や動作において重心が安定していることを言い、重心を支えている多くの筋肉の協調性が良好なことを言うのです。

なので実際の動きの中で重心の不安定な方向を分析してこそ初めて一人ひとりの体にあわせた全身的な施術ポイントの選定ができるのです。

ページTOPへ